ブログ

シーラントのその後

こんにちは^_^

歯科衛生士の酒井です!

急に冷え込んできてついに秋の訪れですね!

なないろに通ってくださってるお子さまになるべく虫歯を作って欲しくないという思いから虫歯予防のシーラントをさせていただく機会が増えてます⭐︎

シーラントとは奥歯の噛む面の溝を合成樹脂などで埋めて歯ブラシの毛先が届かない場所に食べかすや細菌が入りこまないようにする虫歯予防の処置のことです。

また合成樹脂の中にはフッ素が配合されていて歯の強化にも繋がります。

虫歯ができる前に歯を削らずできるので6歳臼歯が生えてきたらオススメさせていただいています。

しかしシーラントは入れて終わりではありません!

シーラントは噛んでるうちに一部が剥がれ落ちることがあります。

そして歯の表面と境目にごく小さな段差ができることがあり、歯垢がたまりやすくなりそこから虫歯になりやすくなる事もあります。

シーラントを入れた後も定期検診でしっかりチェックが必要です。

はがれ落ちた部分は段差をなくしたり補充したりします。

そしてシーラントは奥歯の溝には有効ですが歯と歯の間も虫歯になりやすい場所です。

ですので歯と歯のあいだのお掃除にはデンタルフロスを使いましょう!

当院ではお子さま向けのデンタルフロスも取扱してますので通し方など不安のある方は是非定期検診の時にお声かけくださいね^_^

虫歯ゼロを目指して!

そして虫歯を増やさないように一緒に頑張りましょうね⭐︎

歯科衛生士 酒井

 

 

 

2022年10月
9月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

*

*