ブログ

意外な関係⁉糖尿病とお口の健康

こんにちは。なないろの森歯科クリニックの庄野です。

今回はお口の健康と関係の深い糖尿病についてお話します。

 

日本では糖尿病患者が年々増加傾向にあり、糖尿病予防としてお口の健康管理が重要視されています。

糖尿病とお口の健康に一体どんな関係があるの?と思われた方。

実は大いに関係しているのです!

 

日本人の歯を失う原因の第1位は歯周病ですが、最近の研究では、この歯周病と

糖尿病は相互に悪い影響を及ぼすことがわっかっています。

糖尿病を患うと歯周病になりやすく、歯周病になると血糖コントロールが悪くなる

という双方向の関係性が裏付けられています。

また、歯周病の治療をきちんと行うことで血糖値が改善するということもわかっています。

 

糖尿病は、医師が手術や薬の投与を行うことで治癒する病気ではありません。

糖尿病の治療には、生活習慣を改善し、食事療法と運動療法をしっかり行い、

体重をコントロールすることが非常に重要です。

患者さん自身が正しい知識を身につけ、納得したうえで行動に移すことでやっと結果が出ます。

 

歯周病も生活習慣病の側面が強く、歯周病と糖尿病には治療面でも多くの共通点があります。

 

歯周病も糖尿病も、一度発症すると完治(元の状態に戻る)することが難しい病気です。

毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防することが全身の生活習慣病を

予防することに繋がります。         

 

4月は新生活のスタートや季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、栄養と睡眠をしっかりとって

お口と体のケアしましょう!

2024年6月
5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

*

*