ブログ

舌磨き

こんにちは、なないろの森歯科クリニック受付の國吉です。

 

よく受付で

「舌が白くなっているのってとれるの?歯ブラシで磨いたらいいの?」

「どうやって舌を磨くのがいいの?」

という相談を受けます。

 

「舌苔(ぜったい)」という言葉を聞いたことはありますか?

 

舌苔とは、舌表面についた白い汚れのことで

歯に付着する歯石と似ていて細菌が潜んでいることもあります。

舌苔を放置していると、味覚異常や口臭の原因になると言われています。

 

舌磨きをして舌をきれいに保つことで食事も楽しくでき、口臭を防ぐことができますので

そのケアの方法についてお伝えしていきます。

 

★使用するブラシについて★

舌磨きに使用するブラシですが、歯ブラシではなく専用のクリーナーを使うことをお勧めしています。

柔らかい舌の表面を歯ブラシで磨くと細胞が傷つきやすく、表面の細胞をはがしてしまい

そのはがれた細胞が舌苔の原因となる場合があります。

舌専用の柔らかい舌クリーナーを使うことで、舌を傷つけることなく効果的に汚れを落とすことができます。

 

★磨き方について★

ポイントは優しく丁寧に行うことです。

まずは鏡を見ながら舌を突き出し、舌苔の範囲を確認しましょう。

そして水に浸した舌ブラシを舌苔の一番奥に当て、軽い力で手前に引いてください。

この時強い力をかけると舌を傷つけてしまうため、あくまで優しく行いましょう。

一度引くごとに舌ブラシを水で洗います。

これをブラシに汚れがつかなくなるまで繰り返すことでキレイに舌苔を落とせます。

 

★磨くタイミングについて★

1日に1回、起床時のみで充分です。

睡眠中は、舌の動きが少ないため唾液も少なくなり、舌の汚れを洗い流す働きが低下しがちです。

そのため、舌磨きをするなら、1日1回起床時に行うことをおすすめします。

 

 

 

是非皆様も参考にしてもらえると嬉しいです。

どんな些細なことでも気になることや困りごとがあったらいつでもスタッフにお気軽に相談してくださいね

 

なないろの森歯科クリニック 受付 國吉

2019年8月
7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

*

*