ブログ

良いおやつ 悪いおやつ

皆様こんにちは。

院長の森山です。

さて、今回のテーマは「おやつ」について。

 

当院に定期検診に来ているお子様の保護者の方から

「どんなおやつを食べさせればいいですか?」という質問は、毎日のようにあります。

「いつもどんなものを食べさせていますか?」と逆質問すると、よくある回答は

 

駄菓子

スナック菓子

菓子パン

ジュース(ヤクルトなどの乳酸菌飲料、または野菜ジュースも含む)

飴やハイチュウ

 

などが非常に多い回答です。

 

中には3歳のお子さんにコーラを飲ませている強者も!

いや〜なかなかヘビーですね〜笑

 

たまにならいいと思うんですが、流石に毎日となると

もうこれは歯の問題だけではないような気が・・・

 

ちなみに我が家では上記のような類のものはほとんど購入しないので

子供たちは欲しがることもありません。

小さい頃からジュースを飲ませなかったので

(僕も妻もジュースが嫌いなので、そもそも冷蔵庫に存在しない笑)

外食などした際に、お子様ランチでジュースがついてきた時も

ちょっと味見だけして、「美味しくない」と言ってお残しします。

(作ってくれた人ゴメンなさい!)

 

味覚は小児期に完成するというのは本当なんだなと、我が子を通じて勉強させられます。

ということでもっぱらうちの子供達は麦茶を飲んでいます。

 

じゃあどんなおやつがいいのでしょうか?

僕は「おにぎり」でいいと思います。

おにぎり1個で十分です。

 

うちは共働きで、誰もおにぎりなんて握ってあげれない

(もしくはわざわざ握るのが面倒な)場合は「バナナ」でいいと思います。

 

「そんなおやつならいらなーい」という子は、そもそもお腹が空いていないので

あげる必要はないと考えています。

 

子供の胃は小さく、昼食から夕食までの間お腹がすくという目的で

おやつをあげるのですから、おにぎりやバナナなら食べないという子は

そもそもお腹が空いていない可能性が高いので、夕食まで我慢でいい

というのが、僕の個人的な考えです。

 

バナナやパイナップルといったフルーツは、夏場はカットして冷凍庫に入れておくと

まるでアイスのように食べれるので、子供たちには人気です。

 

ドライフルーツや干し芋なんかも、手間のかからない良いおやつだと思います。

 

ただ、各家庭色々なご事情があり、この「おやつ問題」は僕にとって永遠の課題です。

お父さんやお母さんなどの保護者の方がそもそもスナック菓子やコーラが大好きで

常に家にストックがある、なんてご家庭の場合(このケースが非常に多いです)

もう、お子さんがそれらを好きになってしまうのは必然のように思えます。

 

歯科医師として、医療従事者として、そして子を持つ親として

なないろに関わる全ての子供達が、健やかに成長できるよう

微力ではありますが、良いアドバイスを与え続けることができればと

そんなふうに思う毎日です。

2024年2月
1月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

*

*