ブログ

花粉症とお口のお話

こんにちわ!歯科衛生士の三井です!

 

ここ数日で一気に日中の気温が上がり、春が近いのを感じます。そんな暖冬の影響もあり、今年の花粉飛散は例年より少し早いそうです。

 

そこで今回は花粉症とお口の関わりについてお話していきたいと思います♪

 

今や国民病ともいえる花粉症。目鼻のグズグズやお肌の痒み以外に、お口の中が乾燥すると感じる方も多いのではないでしょうか?

 

【花粉症×口腔乾燥】

考えられる原因は2つあります。

①花粉症の主な症状である「鼻水」「鼻詰まり」によって鼻呼吸がしずらくなり、口呼吸になっている。

 

②花粉症薬の副作用→唾液の分泌を抑える成分が原因で唾液の量が減少し、乾燥しやすい状態になっている。

 

お口が乾燥している状態が続くと、唾液による洗浄作用が悪くなり、汚れ(食べかすやプラーク)が歯に残りやすくなります。

また、抗菌作用が低下し、お口の中で細菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因となるほか、虫歯や歯周病にかかりやすい環境となります。

 

【お口の潤いを保つために】

☝️こまめな水分補給

☝️よく噛んで食べる(唾液の分泌を促します)

☝️口腔保湿剤を使う

口腔保湿剤はブラッシングの後や、お口の乾燥が気になるときにご使用いただくもので、当院ではこちらの取り扱いがあります!

↓↓↓

IMG_7885.jpeg

 

上記にあったように、お口の中の乾燥が続くと唾液による洗浄作用が下がり、虫歯や歯周病進行の原因にもなります。早期発見、進行抑制のためにも、定期的な歯の検診でお待ちしております♪

2024年4月
3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

*

*