ブログ

タバコのお口への影響

 

 

こんにちはっ!歯科助手の山下です🌸

 

今日はタバコについてのお話です。

全国 成人喫煙率 男性27.1%、女性7.6%、男女計16.7%(2019年)。 男性では、1995年以降20歳~60歳代で減少傾向。 女性では、2004年以降ゆるやかな減少傾向にあるようです。

ところで…

Q.タバコはお口の健康にも影響するのか?

A.影響します。

歯周病やむし歯 (う蝕) だけでなく、口腔がんのリスクも高まります。

●タバコの煙には約200種類の有害物質が含まれ、 そのうち約70種類が発がん性物質です(紙巻の場合)。

●タバコに含まれるニコチンや有害物質は、お口にも 害を与えます。↓に代表的なものをまとめました。

[ 喫煙との関連が報告されている お口の病気・トラブル ]

お口の粘膜        歯ぐき (歯肉)

 ●口腔がん        ●色素沈着  

 ●前がん病変       ●歯周病など 

 ●口内炎

 ●カンジダ症など

歯            舌

 ●着色          ●味覚減退

 ●歯石沈着        ●黒毛舌など

 ●むし歯など

 ●子どもの受動喫煙による

  乳歯のむし歯

歯科治療         その他

 ●インプラント治療の   ●口臭

  失敗など        ●唾液の変化など

    

このようにタバコは私たちにたくさんの影響を与えます。

今タバコを吸っている人も、禁煙をすることで、早くて数日から起こる変化や、長期的に体に良い変化が起こります。

ですが、ニコチンの依存性は根深いため、「どうしてもやめられない」 という人は多いでしょう。

しかし、禁煙が 成功したなら、口腔疾患のリスクは 大幅に減り、全身の健康リスクも低下します。

家族、友人、職場の同僚 など、不特定多数の人の受動喫煙の リスクもなくなります。

禁煙に、一 定の方程式はありません。

必要なら 専門外来に通うのも手ですよ。

 

 

2024年4月
3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

*

*