ブログ

初期虫歯について

こんにちは、なないろの森歯科クリニック受付の國吉です。

今回は虫歯はすぐに治療した方がいいのか?という事についてお話をしたいと思います。

以前の治療方法では小さい虫歯でも削り詰め物をするという治療方法が主流でした。

しかし、歯を削った部分と詰め物の境目から虫歯になってしまったり詰め物の劣化によりさらに削って詰め物をやり直さなくてはいけなくなったりと二次むし歯になる確率が高くなります。

虫歯の初期段階の「初期虫歯」は、歯科用語でCO」と言います。

この状態であればその後しっかりと口腔ケアを続けることにより虫歯の進行を止められることがわかり、最近では初期虫歯であれば削らずに経過観察する方法が勧められています。

ですが、ここで一番注意をしてもらいたいのが「虫歯はあるがまだ痛く無いから大丈夫。見たところ虫歯の大きさも小さそう。」と自分の判断でまだ治療は必要ない、歯科医院に行かなくて良いということでは無いです!

あくまでも、その虫歯の状態を歯科医師が目で見て、触ってレントゲン写真で確認の上で「もう少し様子を見ましょう」ということです。

それに加えて医院での定期検診をキチンと定期的に受診している方に限ってのことです。

当院の場合ですと、3ヶ月毎の定期的なチェックの中で、虫歯の進行が見られない場合に、

小さな虫歯は削らずに「次回まで様子を見て行く」としています。

.*˚初期虫歯を大きくしない為にご自身が心掛けること.*˚

・セルフケアをしっかりと行う

    日々の歯磨きやフロスやフッ素塗布などをしっかり行いましょう!定期検診でお越しいただいた際に衛生士からそれぞれに合った歯ブラシやセルフケア方法などをしっかりお伝えしますので、お家で実践していくことが大切です!

・定期検診にお越しいただく

    当院では、検診は衛生士による口腔ケアに加えて虫歯が変化していないかしっかりと検査いたします。虫歯がもし進行していたとしても早期に治療を行うことができます。

小さな虫歯だからと安心せずにしっかりと定期検診にお越しください!

虫歯がそれ以上進行しないように一緒に頑張りましょう☺︎

*

*