ブログ

早食いは太る!? 

 

こんにちは、歯科衛生士の久松です。

まだまだ暑い日が続いてますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今日は私も長年悩まされている『早食い』についてです。

コロナ禍の現代やはり食事の場では

『黙食』を意識せざるを得ないのではないでしょうか。

食事に集中出来ることは良いことですが「美味しいね」などと言葉を交わしながら食事を出来ないのは少し寂しいような気もします。

コロナだけではなく美味しい食べ物が手軽に手に入る時代で嬉しいこともありますが、やはり軟食化傾向の世の中、幼い頃から硬いものを噛むことが少なくなりつつあります。

その結果食事の時間が短くなってしまう『早食い』に繋がります。

食べるのが早い人ほど『太る』イメージはある方が多いと思います。

それは満腹中枢が刺激される前に沢山食べてしまうからとも言われますが、柔らかい食事は噛む回数が少なく細かく噛み砕かずに飲み込むため、消化液などにより内臓に負担がかかるためとも言われています。

ゆっくり食べることは意識だけでは難しいので食材を大きく切ったり、柔らかい食材は歯ごたえのある食材と調理したりすることが効果的です。

また、奥歯を虫歯のまま放置したりするのも食事を噛み砕けない原因になりますので、定期的な検診と治療が大切になります^^

ここまで読んで頂きありがとうございました。

一刻も早く楽しく会話しながら食事できる世の中に戻ることを願います✩︎

2022年10月
9月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

*

*