ブログ

親知らず🦷

こんにちは!

歯科衛生士の甲佐です。

8月から9月に入り、朝晩は暑さが少し落ち着いてきたように感じますが、最近台風など天候も安定しませんので、折りたたみ傘を忍ばせてお出かけするのもいいですね(^^)

突然ですが、皆様!

「親知らず」を抜いたことはありますか?

また、抜くように歯科医院で勧められた経験はありますか?

実は、抜く必要のない親知らずと

抜く必要のある親知らずがあります。

まず、抜く必要のない親知らずについて

真っ直ぐに生えていて、且つ噛んだ時に上下の親知らずがしっかり当たっていれば抜く必要はありません。

また、親知らずの横の歯を抜歯しないといけない状態になったとしても、親知らずがあればその歯の代わりに奥歯の一員として機能してくれることもあるので、抜く必要はありません。

対して、真っ直ぐではなく斜めに生えようと頭を出している親知らずは抜く必要があります。

なぜならば、生えようとして隣の歯を押して歯並びが変わり奥歯で噛みづらくなったり、隣の歯との隙間に細菌の塊を溜め込んで、むし歯や歯周病を引き起こすトラブルメーカーになってしまうからです。

痛みなどの症状が出ていなくても、遅くならないうちに抜くことをおすすめしております。

私自身も下の親知らずが横向きに生えていて、最近抜歯をしました。

ちなみに、横向きに生えている親知らずを抜くと、腫れたり、痛みで口が開きにくくなったりする場合があるので、長めのお休みを確保してから抜くと安心です!!

他にも何かお困りごとがありましたらご相談ください😃

甲佐

2024年6月
5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

*

*